マンション売る時期や相場を無視!最高値で売却するタイミングとコツ

今は2020年の東京オリンピックの開催を控えて不動産バブルです。その影響でマンションの資産価値が上昇しており、過去のマンション相場が参考にならない状況となっています。

 

そうなると昔とは違った「マンションを最高値で売る方法」が必要になってきます。そこで、このホームページは今だからこそ使える「マンションを最高値で売るコツ」を分かりやすくご紹介しています。

【1】「マンションの相場が参考にならない理由」と「最高値売却の方法」

◎「マンションの相場」と「東京オリンピック」の関係

マンションの相場の決め方は過去に売却されたマンションのデータを元に割り出されます。しかし今現在、過去のマンションの相場が参考にならない状況になっています。

 

その理由は2つあります。1つ目の理由は最初にご紹介したように、2020年の東京オリンピックの開催の為に、特定の地域ではマンション物件の価格が上昇している為です。

 

では、なぜ東京オリンピックの影響でマンションの価格が上昇するのでしょうか?それは、過去のデータからオリンピック開催地のマンションは必ず値上がりするので、国内外の投資家が東京エリアのマンション物件を投資目的で購入しているからです。

 

また、このマンションの価格上昇は短期的なものであると投資家も分かっているので、東京オリンピック前後には東京エリアのマンション物件は売りに出され価格が暴落すると予想されています。

 

このようなお話しを聞くと東京意外のマンション所有者の方は、自分には関係がないと考えがちですが、実はそうではありません。東京の不動産市場は独立した市場ではありません。日本国内で不動産市場は複雑に絡み合っているので、東京以外の道府県にも東京の不動産価格の乱高下は少なからず影響してきます。

 

◎「マンションの相場」と「日本の人口減少」の関係

2つ目の理由は、日本の人口の減少が関係しています。日本の少子化問題は度々話題になりますが、現実問題として2015年の国勢調査によって日本の人口が初めて減少している事が分かりました。国勢調査は1920年以降行われていますが、人口の減少は国勢調査開始以降で初めてとなります。

 

この人口の減少の何が問題かと言いますと、今後は日本中の住宅が余る事が予想されるからです。将来的には新築の住宅やマンションなどの需要は少なくなるはずですが、それでは建築会社や不動産会社の多くが潰れてしまいます。そうならない為に建築会社や不動産会社は必要のない新築住宅や新築マンションを造り、売り続ける事になるでしょう。

 

この住宅余りの問題は将来の事だと思われがちですが、過疎化の地域に関してはすでに問題になりつつあります。最近よく耳にする空き家問題がその一例でしょう。またこの住宅価格の低下問題は徐々に都市部に移行してくるでしょう。

 

◎「マンションの相場を知る方法」と「最高値売却の方法」

つまり今現在のマンションの相場を知ろうと思ったら、実際に販売してみないと分からない状況なのです。

 

ですが、マンションの相場を知る為だけに「試しにマンションを販売をしてみる」という事はできません。では実際にはどうすれば良のでしょうか。

 

実は1つだけ今のマンションの相場が簡単に分かる方法があります。それは復数の不動産販売業社へ査定を依頼する事です。

 

当然の事ですが、それぞれの不動産販売業社の査定額は、全て違います。そこで複数の不動産販売業社の査定額を比べる事によって実際の市場価格に近い答えを知る事ができるのです。

 

ところが、復数の不動産販売業社への査定依頼は実に面倒なものです。そんな時に便利なのが「イエウール」というマンションの一括査定サービスです。

 

この「イエウール」を使えば、面倒な複数業社への査定依頼が約1分程で完了します。

 

また、複数の業社へ査定依頼をする事のメリットとして「最高値の査定をしてくれる業社を探す事ができる」点が挙げられます。そういう意味でも「イエウール」はお勧めのサービスです。

 

さらに複数業社への一括査定は、その価格差が300万円以上ある場合も珍しくないので、マンション売却時に「万が一にも300万円損をしたくない」という方にお勧めです。

 

 

歯磨き粉による違い

約1分でカンタン査定依頼

 

【2】マンションを最高値で売却する時期とタイミングについて

◎春先か秋口のマンション販売がオススメ

不動産バブルの今がマンションを売却するタイミングと言えますが、特にお勧めな時期は「9月〜11月」と「1月〜3月」です。

 

なぜかと言うとこの2つの時期には会社の職場移動や転勤が多い為に住み替えの需要が高まるからです。つまり結果的にマンションの需要も高まり、マンションが最高値で売れやすくなります。

 

ですが「最高値で売る為に、この時期にマンションを売却しよう」と考えるよりも、売ろうと決めたら早めにマンションを売却する事の方が重要です。

 

なぜならば、マンションの資産価値は1年間で50万〜100万円下がる為で、マンションの売却の時期を後ろにずらせばずらす程損をする結果になってしまうからです。

 

つまりマンションは「売りたいと思った時が最高値で売るタイミング」という事になります。

 

◎東京オリンピック開催までにマンションを売却する

先ほどもご紹介したように東京オリンピック後には東京エリアのマンションの価格が暴落する可能性があります。その影響は少なからず各地方都市に波及してくるでしょう。

 

また東京オリンピック後の景気の動向も気になります。なぜならば現在日本の景気が安定しているのは東京オリンピックの特需、つまり東京オリンピックへの先行投資の影響が大きいからです。

 

東京オリンピック後には現在のような特需や先行投資はありませんから、日本の経済は冷え込むと予想する経済学者も多く存在します。

 

日本の経済状況や景気が低迷すると、日本国民の消費も低迷するので、その頃に中古マンションを入ろうとしても売れにくいという状況の陥る可能性もあります。つまりマンションを売却するなら東京オリンピック開催前が安全だと考えられるのです。

 

◎築10年までにマンションを売却する

マンションは築10年前後になると途端に売れにくくなる傾向があります。なぜならば、この頃になるとマンションの修繕が必要になるからです。

 

中古マンションを購入しようと考える人から見ると10年前後の中古マンションは購入後すぐに修繕費が必要となるリスクが高いので敬遠される傾向があるのです。

 

つまり中古マンションを販売する場合には10年経過する前に売り切ってしまう方が賢いと言えるかもしれません。ですが逆に修繕直後の中古マンションであるならば10年経過したマンションでも高く売れる可能性があると言う事になるでしょう。

 

◎不動産仲介業社選びを焦るとマンション売却に失敗する

ですが「マンションを早く売らなければ」と焦ってしまってマンションを販売してくれる業社選びに失敗してしまっては大変です。

 

実は先ほどご紹介した「イエウール」は、厳選された優良企業が多数登録している事が特長です。つまり最初から信頼できる不動産販売業社、しかも複数の業社に査定依頼ができるという事です。

 

実際にマンションを販売するとなると準備期間が最低3ヶ月はかかると言われています。そう考えると、信頼できる不動産販売業社も迅速に選びたいというのが、皆さんの本音だと思います。

 

そう考えると一括査定サービスで迅速に業社選びをするのはマンションを「最高値で売却する」為には非常に有効な手段と言えます。

 

 

歯磨き粉による違い

約1分でカンタン査定依頼

 

【3】マンションを最高値で売る為のコツ

◎不動産仲介手数料を値引きしない

不動産仲介手数料についてはご存知でしょうか?不動産仲介手数料とは、マンションを販売する場合に不動産仲介業社へ販売を委託しますが、その時に発生する手数料の事を指します。

 

最近ではこの不動産仲介手数料の値引きを、不動産仲介会社へ要求する人がいるようです。ですがこの「不動産仲介手数料の値引き」は逆に損をしてしまう可能性があるので、やめておきましょう。

 

なぜならば不動産仲介手数料の中にはマンションを販売する為の広告宣伝費も含まれているからです。広告宣伝費とは、例えば下記のような宣伝に使用されます。

 

【マンション販売の広告の種類】
・インターネットによるマンション販売告知
・チラシによるマンション販売告知
・他社へのマンション販売告知
・各媒体へのマンション販売告知

 

つまり不動産仲介手数料が少ないと、このような広告宣伝が十分にできない結果になりかねません。広告宣伝が十分に行えない場合には、マンションの購入希望者を集める事ができないので結果的にマンションが売れないといった状況になってしまいます。

 

また、このような理由からマンションの売却が決まった後での不動産仲介手数料の値引き交渉は、不動産仲介業社を困らせるだけなので絶対にやめておきましょう。

 

◎マンションを最高値で売る為のコツは業社選び

マンションを最高値で売却するなら大手の不動産仲介業社がおすすめです。なぜならば「土地、家、マンション」それぞれで販売のノウハウが違うからです。

 

例えば土地の売却の得意な業社にマンション売却を依頼しても高く売却する事はできません。ですが、大手の不動産仲介業社なら「土地、家、マンション」の全てに対して豊富なノウハウと販売実績があるものです。

 

そう考えるとマンションの売却依頼は大手の不動産仲介業社に頼むのが無難だと言えるでしょう。

 

ですが、信頼できる大手の会社だからと言っても「どこの販売業社に頼んでも良い」という訳ではありません。それは、先ほどご紹介したように、同じマンション物件でも不動産仲介業社によって査定額が全く違うからです。

 

先ほどご紹介したように「マンション売却を依頼する業社によって300万円以上も査定額に差がある」のなら、できるだけ高い販売会社にマンションの売却を依頼したいですよね。

 

このホームページでご紹介している「イエウール」は信頼できる大手の不動産仲介業社が多数登録しているサービスです。

 

つまり「イエウール」を利用すれば、大手の会社に、しかも復数の会社に査定依頼が可能なので「マンションを最高値で売却したい」という方には特にお勧めのサービスなのです。

 

 

歯磨き粉による違い

約1分でカンタン査定依頼

 


ホーム RSS購読 サイトマップ